マレーシア/シンガポール旅行記(6):7/9

7/9

僕の泊まったホテルは窓がなくて、外に出てみるとこれでもかってくらいの大雨。
えんじょうじさんが腰にbeatsのヘッドホンをぶら下げてたんだけど見るからにアレなやつで面白かった。
傘もないし、腹くくってタイムズスクエアまで。
 

なんとか電車に乗って冷房の強さであっさり乾く。

セントラルに着いて雨の中を早歩きで移動してスカイバス乗り場へ。
混み混みで、我々でちょうど全席埋まるくらいだったのに何故か一番後ろの端が空いててそこに座る。
ウトウトしてきたところに冷たい感触。
バスが雨漏りしてるようで上から水が垂れてくる。どうりで空いてるわけだ。

落ちてくる場所にタオルを置いて耐え、眠ってるうちに空港へ。

搭乗手続きもまだ始まってないのでお土産屋さんをフラついてようやく念願のケンタッキーへ。確かに美味い。
ついでに悔しさを込めてチキンライスも。曰くシンガポールのはこんなもんじゃなかったとのことだけど、それでもおいしかったです。

搭乗手続きを済ませ、おもしろ外国人をニヤニヤ見つめたりしながら中に入ってお土産屋さん。ドライフルーツと小分けのお菓子とかを買ってレジに。クレジットカードを使うのはいくらから、みたいな額に微妙に足りなくて適当にその辺にあったグミを放り込むも、そのグミが一番おいしかったです。
いろんなおみやげと一緒につい勢いでペンギンのネックピローなども購入。

免税店でおみやげのタバコを購入。嫌がらせ的に写真の一番グロいのを選ぼうと思うもそれを持ち歩くのが嫌でおとなしめのを選んで、個別はグロいのでありますようにと祈る。

飛行機に乗ると、えんじょうじさんが遠い。
前後で取ったつもりが左右に振り切れてたみたい。

リンギットがほんのり残ってたんで飲み物でも機内で買おうかと。
マレーシア一番の思い出、オールドタウンホワイトコーヒーのインスタントかなんかがあるみたいなので即決。

ぼんやり映画を見ながら東京へ。
 

荷物が出てくるのを待ってたらハニハラくんから入電。
表に出たらハニハラくんの姿が。

荷物が遅かったりでワタワタしてて終電が危ういところにハニハラくんが送ってくれることに。
こうだったよ、と伝えることで自分らの旅を振り返りながら帰っていったのでした。
つか日本てばマレーシアより暑いよ。

家に帰ってみるとひどい蒸し方と、1週間ぶりのひとりぼっちにさびしくなりながら布団に潜り込んだのでした。

全体的な思い出としてはバタバタで、いつも誰かがパニクって、いつも誰かが頑張る、っていうスタイルだったのでパワーバランスが偏らずに楽しめた、と思ってます。
まあ手数で言えばえんじょうじさんに山ほど頑張ってもらったんだけど、その分ドでかい穴をあけたのもえんじょうじさんだったから行って来いってことで。

時間的に足りなかったりバタバタしてたもんで、あそこ行きたかったな、これやりたかったな、が結構多いのでその分「また行きたい」が詰まっててすごく楽しい旅行でした。
いろんな「あれやり残した」を潰していきたいところです。
ざっとタイガービール工場見学、動物園、寺院巡り、あと海辺で卍LINEのパロディやろうと思って甚平持って行ったのに撮れなかったのも残念。こうしてみるとシンガポールに後悔が多いな。

ひとつ言えるのはマレーシアからシンガポール行くと、財布の紐が固くなること。もし2国行くんであれば、シンガポールから行って「ここは観光地だから」と多少高くてもおのぼりさん気分で買い物した飲み食いして、その後マレーシア行ってジャパンマネー炸裂じゃあ!とか言ってた方が楽しめたかなあとも。

なんにせよ、どっちの国ともまた行きたいです。
この後、ラジオ大爆発ベースの動画配信が来るかと思いますが、これを読んでおいて貰えると、飛び飛びの動画の意味もわかるかと思います。
この旅中、ちまちま撮影して、帰国後のライブでお届けしたRAID=GIG3周年のうたをお届けして旅行記はおしまい!
後半慌てて撮ったのでバクテー、マレー鉄道、最終日のホテル、です。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark